« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

大波乱! オスからメスへの給餌(2)

オス(左) メス(右)
これは,5月17日の出来事です。
離れ孤島で二人きり。いい感じです。
メスはオスに対して給餌の要求をしています。

オスが横を向けば,追っかけてクチバシをオスのクチバシへ
P11006721
  

オスが上を向けば,メスも上へ
P11006722


下を向けば,またもやメスも合わせます。
まるで,オスの愛情を確かめているよう。
P11006723


やっと給餌が始まりました。
オスは大きくクチバシを開いて,小魚をプレゼントしています。
P11006724


更にオスのクチバシから大きな魚が用意されています。
P11006725


メスはその大きなプレゼントを一気に飲み込みました。
ちょうどその時です。
右手上空から別のウミネコが襲い掛かってきました。
メスはしゃがみ込み,オスはメスとの距離を縮めてガードしています。
P11006726


既に強奪者は,着地態勢に入っています。大丈夫でしょうか?
P11006727


オス・メスの対応は俊敏でした。強奪者は諦め,飛び去っていきました。
P11006728


メスは安全を確かめ,立ち上がり,飛び去って行ったウミネコを見つめています。
いや〜 危機一髪でした。
P11006729


あれ? メスは島を離れようとしています。
あんなにたくさんのご馳走を貰ったのに,どうしたのでしょう?
P110067210


メスは海上へ飛び出そうとしています。
オスは去っていくメスの行動を理解できません。
P110067211


オスはメスの不思議な行動をじっと見ています。
とその時,別の強奪者が襲いかかってきました。
オスはまだ,なにも気づいていないようです。
P110067212


オスはやっと強奪者に気づきました。が,しかし着陸寸前です。
しかも強奪者はウミネコでなく,3割りもでかいセグロの幼鳥。
幼鳥と言えども勝ち目はありません。
さて,オスはどうするのでしょう?
P110067213


大切なメスを守ろうとしたのでしょうか?
勇敢にもセグロの幼鳥と戦おうとしています。
P110067214


ついに,戦いがはじまりました。
ウミネコがセグロに反撃するなど見たことがありません。
P110067215_2


あれ,ウミネコがパンチを食らったのでしょうか?
戦いは続きます。
P110067216


オスは身をかわしたようです。
P110067217


こうなれば,逃げるが勝ちですね。
歩行の不得意なセグロは,追い付くことはできません。
P110067218


戦いは終わったようです。
P110067219


セグロは給餌中の小魚を狙って襲いかかって来たんですが,失敗に終わってしまいました。
P110067222


ペアは,何事も無かったかのように悠々と泳いでいます。
セグロも先ほどのことはすっかり忘れているようです。
P110067323
 
 
彼らってほんとサッパリしてます。
セグロは,いつもワンテンポ遅れるんですよ。(そこが可愛いんですけど)

それにしても,メスの逃げっぷり,お見事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日はとってもいい天気

(写真をクリックすれば拡大表示されます)

黄金の島 蕪島
P1110886


ヒナの誕生と共に咲き始めるハマナス
P1110940


初めは,お腹当たりから ちょこん
P1110892c


今度は,こちらから ちょこん
P1110893


P1110899
やっと外に出てきました。
頭でっかち。ホント可愛いです。


P1110910
ん〜 まだしっかり立てませんね。お坐りがやっとのようです。
あれ よ〜く見ると,更にちっこいヒナがいるようです。
(2羽目は写真をクリックして確かめて下さい)


P1110914
お腹が空いているんでしょうね。
しきりに,親のクチバシを突っついて,餌の催促をしています。


P1110927
親鳥が立ち上がって,2羽のヒナが。
更にちっこい方は全く立てません。ハイハイ状態です。


この後は,動画で よちよち,ハイハイをご覧下さい。


 
 

<種差海岸>
P1120007


P1120019


P1120049

| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつも いっしょ

P1110761c

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウミネコ爆弾 ヘ(x。x)ヘ

貰ってきました。会運証明書

19日,初ヒナを見ようと浮き浮き気分で行った時のことです。
この日は久しぶりに嫁さんと一緒。なにせ初ヒナですからね。
参道を登るやいなや,突然,妙な鳴き声。
新種のウミネコかと思いきや,なんとうちの奥さんではないですか。
両手を顔の前で広げ,うずくまっています。
まさか,ウミネコ爆弾が顔面に ???

被害状況が分からず不安な彼女は,
私の顔の表情で確かめようとゆっくり振り向きました。

あぁ〜〜〜〜〜〜〜 

じゃなくて,大したことはりませんでした。
鼻の天辺にだけ真っ白。お祭りの白粉って感じです。
恐るべしウミネコ。薄化粧の嫁さんを見破るとはね。

一端,車に戻って一安心した嫁さんは,元気に境内へ。
その後は,かわいい初ヒナに癒され上機嫌でした。

てな訳で開運招福のお札を貰ってきました。
裏は会運証明書となっていています。
今年39番目。ゴロもいいですね。
有効期限は1年です。

<表>
P1110533c

<裏>
P1110554c


大当たりの際は是非貰っちゃいましょう!
P1100588c


でも これって,初めての観光客にわかるのかなぁ?
P1090832

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初ヒナの動画をアップしました!

昨日はもの凄い強風。初ヒナたちも,さぞかしビックリしたでしょうね。
でも親鳥がしっかり包み込んでくれますから安心です。

いや〜今日もなかなかお顔を出してくれません。12時半過ぎにやっと日ざしが強くなって,日向ぼっこタイム。なんとが撮れました。


19日に撮った同じヒナたちの動画です。

●蕪嶋神社の北東
1匹だけしか出てきませんでしたが,よちよちの羽ばたきと最後にかわいいおててが見られます。


●蕪嶋神社の階段(参道)
かわいいさえずりも聞こえます。最後には親鳥の胸に潜り込んでしまいます。


19日から孵化中のもう1個の卵はどうなったでしょう。動画を見る限り,右羽の下に隠れている感じなんですが。
(孵化するまで1日か2日間。立てるようになるには,更に1日かかるそうです)


昨日の瞬間最大風速は気象庁の全観測所で5位でしたが,降水量はさほどでなくて幸いでした。
でも孵化中のヒナにはちょっときびしかったのかな? ちょっと心配です。
(孵化したばかりのヒナの綿羽が乾かないと死んでしまうことがあります)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

初ヒナ 撮ってきました!

●蕪嶋神社の北東
P1110367c
両親に守られながら餌をもらっていました。

P1110374
ご飯の後のひなたぼっこらしく,1羽の親鳥が巣から離れました。なんとヒナは二匹でした。


●蕪嶋神社の階段
P1110411c
残りの卵は孵化中です。小さな穴があいています。


保護監視員のお話ですと,確認できたヒナの数は,昨日4羽 今日は7羽になったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛に包まれて ひなかえる(デーリー東北新聞)

愛に包まれて ひなかえる(2008/05/19) デーリー東北新聞より

 八戸市の蕪島で十八日午前、ウミネコのひながかえっているのが確認された。柔らかい茶色…

 同監視所は「境内で餌を与えると、親鳥同士の奪い合いでひながつぶされてしまう。所定の場所以外では与えないで」と呼び掛けている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のどかな日曜

初ヒナを期待して午前中に出かけましたが,残念ながらまだのようです。

P1100691
大きな貨物船が防波堤の間をすり抜けてきました。タグボートが向かえに出ています。
右手前の防波堤は,白銀北防波堤。全長は600mぐらいで八戸港では最小かも。でもウミネコにとって,なにかと好都合な場所のようです。ちなみに最長の防波堤は,北防波堤で3,500mです。平成9年に完成。

P1100697c

P1100705
鋭い刃が立っています。ウミネコ対策なんでしょうけど,なんなく着地しています。

P1100739
お腹がぷっくりしてますね。卵なんでしょうか?

P1100747

P1100749

P1100805

P1100901

P1100924
ウミネコは,なかなかいい感じで飛んでくれません。
なので巣作り中のウミネコにしました。

P1100958
なんか,楽しそう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どれもこれも個性豊かな巣です

5月下旬から6月上旬にかけて孵化の最盛期です。
数日で初ヒナが見られるかもしれません。
騒がしくなる前に,個性豊かな巣を紹介しておきましょう。
(写真はクリックで拡大表示となります)


●てんこ盛り系
P1100528


●あっさり系
P1090826
芝生は硬いので,くぼみに卵をおいていました。


●草むら大好き系
P1100485


●岩場大好き系
P1100530
卵やヒナの色模様から本来はこのような岩場で子育てをしたのかも知れません。


●ぶりっこ系
P1100640


●難所好き系 (木の上)
P1090880
これは,大雨にはいいかも。
ヒナ 落っこちなければいいんですが。


●隅っこ大好き系
P1100100
オスが抱卵中。メスがおねだりしてます。


●穴ぐら生活大好き系
P1090636


●ちゃっかり系
P1100656


●神だのみ系
P1100556


それぞれのつがいが必死に勝ち取った巣です。
どれもこれも魅力的です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

蕪島まつり ウミネコの舞

蕪島は抱卵中で大きな動きはありませんので,4月20日 蕪島まつり ウミネコの舞をご覧下さい。

ウミネコの舞 1部 14時18分開演


ウミネコの舞 2部 14時30分開演

蕪島は俺たちのものだと言わんばかりの乱舞。お見事!


蕪島まつりの最中,時刻は12時50分,ウミネコたちは一匹も残らず島を離れました。理由はよく分かりません。
そして14時18分,蕪島の周囲の海上で待機していたウミネコたちは,一斉に舞い上がり乱舞を繰り広げました。
島に登って見られたお客さんはホント ラッキーです。
(お産シーズンのため,暫く大規模な乱舞は見られなくなります。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夕焼け 4/12

蕪島の夕焼け

P1100389
08/05/12 18:07

P1100398
08/05/12 18:12

P1100428
08/05/12 18:37

P1100442
08/05/12 18:41

P1100448
08/05/12 18:43

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大波乱! オスからメスへの給餌

オスからメスへの給餌 オス:中央右 メス:中央左 (5/2 16:20〜)
P10908811
一生涯連れ添うウミネコ。巣作り・抱卵・育雛なんでも協力し合います。しかし巣の細かい形作りはメスが中心のようです。ましてお産はメスだけですよね。1〜4個も生むわけですから,餌を採りに出かける時間が足りなくなります。この時期に大活躍するのがオス。メスへの給餌行動です。
(メスへの給餌は産卵時期だけでなくいつでも見ることができます。平均産卵個数は2個です。)


突然 左手から強奪者が突進
P10908812
気づいたオスは餌を引き戻そうとしますが,何も知らないメスは必死です。


間に合いませんでした。ペアは30cmほど突き飛ばされ,メスは追い出されてしまいました。
P10908813
まわりのウミネコも何事かと警戒しています。


餌を奪われたメスは残念そうに旦那の後ろへ
P10908814
メスは何度も取り返そうとしましたが,激しいオス同士の争いを前にして無力でした。

メス 「後は あんた ガンバってよ!」


(争いから1分30秒経過)
全力で引っぱり続ける強奪者 じっと絶えるオス
P1090894_2
オスは餌の端っこしかかじっていません。もう少しで奪われてしまいそうです。
メスはじっと見ていますが,左のお隣さんはかなり苛立っています。争いが自分の縄張りに近すぎるのです。


(争いから3分30秒経過)
長引く争いに,ついにお隣さんが爆発(左) 羽に噛みつきました。
P1090897_2
縄張りの面積は約1メートル四方です。羽を広げるだけで1.2メートルですから,争いが2重,3重になることは珍しくありません。


一気に形勢不利となった強奪者
P10909021
噛まれて羽を閉じ,立ち位置を変えざるを得ませんでした。あれだけしっかり噛んでいた餌が今にも外れそうです。


P10909022
左手には,先ほど噛みついたウミネコが,臨戦態勢をとっています。
羽を閉じたままの引っ張り合いがしばらく続きます。


ついに餌が外れ,つんのめる強奪者(争いから4分58秒経過)
P10909023


これで勝負がついたかと思いきや再攻撃を仕掛ける強奪者
P10909024

P10909025


すんでの所で交わし,餌を飲み込んだオス
P10909026
メスは勝利に喜び,長鳴きを見せています。
強奪者は足に限界がきていたのでしょう。よろめいていました。


な,なんと! なかなか立ち去らない強奪者に,メスが一撃
P10909028

P10909029
オス「いや〜 どうも お隣さん。うちの家内は…」


草引きをして体裁をごまかす強奪者 にらみつけるメス
P109090210


オスにもにらまれイジイジと退散する強奪者
P109090211
強奪者は左隣の旦那だった。強奪者の奥さんは巣に座って知らんぷり(上)


P109090212


奥さんに叱られ(?),しょぼくれる強奪者
P109090213
奥さん「でも,私のために頑張ってくれたんだよね。ありがとね。」

その後 強奪者は巣の留守番役にまわり,奥さんは餌探しとなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウミネコ繁殖地に乱入者が!(2)

●乱入者 カラスくん
P1090862
カラス君は今日もお留守
前回撮った4/29より,かなりボリュームアップしてます。


●乱入者 セグロペア
P1090853
ここは,いつも風が強いです。
ウミネコたちに囲まれ,たった二人で頑張っています。
今のところ巣作りの気配はないようです。

P1090866
突然 相棒が舞い戻って来ました。それに応える片足セグロ
いやぁ〜 見事な胴体の白。ホント真っ白です。
こう見るとクチバシの赤の斑点も足のピンク色もおしゃれですね。


P1090874
いとも簡単に追い払う片足セグロ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウミネコ繁殖地に乱入者が!

乱入者 その1 あの黒いのはなんだ?(蕪島神社の屋根) 4/29
P1090762
こんなところにカラスが巣作り。困ったモンです。
さぞかし忙しかったらしくお尻しか見せてくれません。
でも,眺めは最高でしょうね。


乱入者 その2  どこに? 4/30
P1090814
オオセグロカモメのペアです。こちらは,完全に繁殖エリア内。
全長はウミネコより4割ほど大型なので,一撃で追い払うことができます。
ウミネコは機敏なので心配無用ですが,かなりの領域をぶんどってます。
1羽の右足の先がないです。(これって珍しいことじゃないんです)


問題1 捜してみよう! ウミネコとの違い(左:ウミネコ 右;セグロ)
P1090737cut
答え)
クチバシの先,足,尾羽の色に大きな違いがあります。
・クチバシは共に黄色ですが,先端に注目。セグロは下だけ赤,ウミネコは黒と赤が濃いです。
・足は全く違って,セグロはピンク,ウミネコは黄色
・尾羽はセグロは真っ白,ウミネコは黒の帯(英名がBlack-tailed Gullですから)
セグロの鳴き声は,息苦しそうな「カーウ カーウ」。たまにしか声を出しません。
 ウミネコ L 47cm W 120cm
 セグロ L 64cm W 137cm
 飛行能力はウミネコの方が圧倒的に上です。


問題2 下のゴメは,セグロ? ウミネコ?
P1090781
答え)
特徴を隠してお休み中です。しかし,風で体勢が崩れ白い尾っぽが出てしまいました。なので答えはオオセグロカモメ


成田章氏の「蕪島におけるオオセグロカモメの繁殖例」の文献によれば,巣3箇所の調査ではすべて失敗。
強さとは生きていくための一面でしかないことを物語っています。
なんとか成功して欲しいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »