« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

ヒナの飛行訓練

成長の早いヒナたちの本格的な飛行訓練が始まりました。
現時点で最も上手なヒナを紹介します。


2008.6.28 16:27

| | コメント (4) | トラックバック (0)

晴れ。ヒナたちは元気です。

23日と24日の降水量は61.5,120.5mm。
最高気温も12℃までしか上がりませんでした。
しかし25日からは徐々に回復し,本日の最高気温は20.7℃。
明日からもゆるやかに気温は上昇し,暫く大雨もないようです。


2日間の試練を乗り越えた,元気なヒナたちを見てあげて下さい。

まずは,本日の蕪嶋神社から
 薄晴れのいい天気でした。
P1140072


21日に紹介したデーリー新聞御用達の一人っ子初ヒナ
 すっかり,ザビエルを卒業して美人さんになってました。
 隣の親鳥からの攻撃からもしっかり防御できています。
 あと1週間程度で一時的な巣立ちに入るかも知れません。
P1140038


こちらも,21日に紹介したザビエル兄弟です。
 頭の綿毛はすっかりなくなっています。
 親鳥が近くにいますが,徐々に餌の量は少なくなります。
P1140041


こちらは,初ヒナ兄弟です。
 立派な羽を披露してくれました。
 (またもやピント外してゴメン)
 あんなに小さかったのにね。
  小さい時(2日目あたり)のヒナの顔はこちら
  このブログで初めて紹介したヒナです。(5月19日)
P1140046


境内に,まだこんな小さなヒナが
 24日の大雨 乗り越えたんだね。
 草むらにちゃんと隠れて生き延びるんだよ〜!
P1140049


またもや,ペタン寝の兄弟
 こいつら,鳥なの〜?
P1140055


初登場! いつも心配している,海抜数十センチのヒナ
 見えにくいですね。岩陰に隠れています。
 だいぶ前に1羽になってしまってその後はひとり頑張っています。
P1140066


-----
漁船ヒナも元気でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨。ヒナたち元気か〜!?

6月23日(月)16時過ぎ

19日から23日までの気温は,以下のようになっています。
     19日 20日 21日 22日 23日
  最高 27.6 26.7 20.8 13.1 13.0
  最低 15.6 19.2 13.1 10.9 11.1
  平均 20.8 22.5 16.9 11.8 12.0
 (19日:気象庁は梅雨入りしたとみられると発表)


23日は午後から小雨になり,2日続けての低温でした。
ヒナたちはどうしてるかな?
P1130792


P1130800


P1130788


P1130816


P1130771

 

寒そうにしてるけど,元気なようです。

海鳥ですからね。
と言ってみても,
縄張りから動けないヒナ。
ちょっと,かわいそうです。

低温で体力が消耗するのは避けられません。
綿毛の多いヒナには,ちょっと厳しいかも知れませんね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

元気なヒナたち

6月20日

こんちわ〜
P1130625


遊び疲れちゃった
P1130701


おしり プ〜
P1130696


そして,よく遊び,
P1130690


よく食べ,
P1130714


よく寝て,
P1130615


そんで,いつも頭がかゆい。
P1130704

| | コメント (8) | トラックバック (0)

オレはザビエル君で〜す

6月20日

じゃ〜ん オレはザビエル君で〜す。

ちっこいヒナばっかし,カワイイ カワイイって言うけど,
オレたちだって一生懸命なんだよ!
だいたい,蕪島はもうオレ達の時代になってんだから。
それに命名はね, あちゃこちゃばやばやのやすおさんだぞ! 分かってんのか?
今日は,オレ達ザビエル仲間を紹介しよう。
まずは,ザビエルカットから見て頂戴よ!
P1130604c


 
 
1)オレのザビエルカット 完璧だろう!
P1130550c


2)オレのは,どうじゃ?
P1130567


3)オレたち兄弟は,ダブル・ザビエルだぁ〜!
P1130557


 
4)私は,デーリー新聞にいつも紹介してもらってる初ヒナです。
そろそろザビエルを卒業します。
あまり,じろじろ見ないでね。一人っ子だし。
P1130547

 

5)あたし,ザビエルになったばっかりなんだから〜
P1130616

 

6)オ〜イ,オレを忘れんなよ。
みんな,オレに気づいてくんねぇんだよなぁ。
下ばっか見てんだから。まったく!
P1130532


 

ん〜 1時間に1回ぐらい練習するかなぁ。
風の強い日にやるといい感じになるんだ。
あと2週間ぐらいで,巣立ちだからさ,頑張らないとね。
下手っぴだけど,笑わないでね。
でも回りの大人はグーグー寝てて,何にも教えてくれないんだよなぁ。
P1130585


最後に立派になった羽を見てくれよ!
足も一緒に見てもらおうと思って出したんだけど,
なんで足にピントあわせてるかなぁ?
 まぁ〜カメラマンは,頑張ってるらしいですけどね。
P1130596c

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ウミネコは蕪島の守り神!

6月10日
蕪島からそろそろ帰ろうかと車に戻ったところ,参道の方が妙に騒がしいのです。
振り返るとウミネコたちが一斉に舞い上がり,その数は増えるばかり。
駆け寄ってもなんだか分かりません。
P1120899


よ〜く見ると,小さなワンちゃんが見えました。
男の人といっしょに参道を登っているのです。
人も犬もウミネコの異変に全く気づいていない様子です。
このまま境内に入ってしまうのはまずいです。
慌てて階段を駆け上り
   「いぬ ダメですよ〜〜〜〜!」
ちょっと男の人には悪かったですが。
P1120908


ワンちゃんはこんなに小さいです。
ちょっと見つけにくいですね。ほぼ中央に居ます。
P1120913


ウミネコも騒ぎすぎって感じですが,境内への侵入は許さんのでしょう。
さすがウミネコは蕪島の守り神なんですね。


 
 
ウミネコからのおねがい
P1090625c

| | コメント (4) | トラックバック (0)

だまされたよ。ヒナ君!

どうした ?
P1120891


んっ・・・?
P1120892


「ヨ〜イしょっと」
P1120893

な〜んだ お昼寝だったんだね。
それにしてもカワイイね。君は。
君,まだちゃんと起きあがれないんじゃないの ?

ちっこいのは,
とにかく
カワイイ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

朝焼け

蕪島の朝焼け 6月12日

P1130042c
2008/06/12 3:41


P1130052
3:50


P1130073
3:57


P1130094
4:03


P1130170
4:15


来るのがちょっと遅かった
もう少し雲が欲しかったかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新種の卵?

珍しい白い卵をみつけました。
 採取時刻:6月8日(日曜)10時

八戸に持ち帰り,色,形,重さ,鮮度(味)などの調査・研究はほぼ終了。
最後の1個となり,写真におさめましたのでご報告します。
 研究関係者 約5名(私も含む)

【調査結果】
採取場所は宮古市浄土ヶ浜ですが,原産地は大船渡と思われます。
殻は若干柔らかく,卵黄が大きいのが特徴。
初めて発見されたのは昭和8年で,夏期限定で紫色もあるとか。
浄土ヶ浜のウミネコは,品格が高く,白い流紋岩の上で優雅に生育していることから,
このような卵に変化したものと推測されます。
P1130271


比較対照用として一般的な卵を紹介しておきます。
(撮影場所:八戸蕪島)平成20年5月19日 14:20
P1110402
卵の大きさは,平均で長径6.2cm 短径4.4cm,重さ62g
緑褐色の卵殻に黒い斑紋がある
 

確かに白っぽい卵もまれにあります。
(撮影場所:八戸蕪島)平成20年5月16日 15:34
P1100574


採取した卵は,以下のようなケースに納め鮮度を確保しました。
P1130274c_2

箱の写真は,ウミネコでないみたいです。
美味しいのでどっちでもいいです。

黄金かもめの玉子もあって,1個入り 294円
食べてみたいです。

さいとう製菓

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ヒナたち ちょっとゴメンね

6月7日(土) 

9時14分 ウミネコ竜巻発生
P1120273


近づいてみると竜巻の中心に人らしきものが。
まさか卵泥棒???
P1120276


急いで境内に登ってみると3,4人の方がいました。
P1120286


どうやら,ヒナの足にリングを付けているようです。
わが子を助けようとしているのでしょうか?
作業員の頭に飛びかかっています。
P1120298c


こちらでも,力を合わせて猛然と攻撃しています。
普段は,縄張り争いの絶えない蕪島ですが,
こういう時には一致団結するウミネコ。
P1120368

と思いきや,境内を見れば,さっそく,いつものケンカをしてました。
P1120348


通路でも作業が進んでいます。
P1120453


だいぶ前に紹介した,あのカワイイ初ヒナ
こんなに大きくなっています。
「早く食べて逃げろよ。ヒナ君。」
P1120447
親鳥の喉のふくらみを見て下さい。
今から与えるたくさんの小魚が詰まっています。

調べてみますと,
日本で初めて標識放鳥が行われたのは1924年。その一つが八戸蕪島のウミネコだそうです。
第二次世界大戦による中断はありましたが,1966年から再開。1973年からは,「ウミネコ観察記」の著者・成田氏が調査を引き受けられています。

毎年の標識個体数は2000羽。頭が下がります。
成田先生,保護監視員のみなさん,お疲れ様でした。
 

この日は,蕪島に寄ってからウミネコツアーに向かう予定でしたが,
なんとウミネコ爆弾 3発命中。このままの出発は無理となりました。
全ての予定が狂ってしまったよ。ウミネコ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

どこのウミネコ?

6月8日 11:20

ウミネコツアー その1

さて,これはどこのウミネコさんでしょう?(ズーム約10倍)
P1120667


ヒント1:ハクチョウ
P1120668


ヒント2:ノコギリの歯のような白い岩礁(上)
P1120681


陸中海岸国立公園を代表する景勝地 浄土ヶ浜でした。
撮影場所は御台場展望台です。
白肌の奇岩と青い海のコントラスト。
みごとですね。

時間とともに変化する海面の色調 もっと見たかったなぁ!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

田んぼ

6月3日

・がんじゃの田んぼ
1羽のウミネコが,カモの傍に着地しましたが,直ぐに松館の方へ行ってしまいました。
その後に残ったのは,せせらぎと共に聞こえる小鳥のさえずりとカエルの鳴き声でした。
なんか,とっても幸せな気分。
録音してみましたので,ちょっとボリュームを上げて聞いてみて下さい。


・松館の田んぼ
P1120192
ウミネコが,餌を求めて来ていました。


P1110439
こちらは,5月19日。初ヒナが確認された日です。
たくさんの親鳥が来ていました。
水生昆虫が多いのでしょうか,水を入れたばかりの水田に集まっています。

県南の田植えのピークと初ヒナ誕生の日がほぼ重なります。
ウミネコが蕪島をコロニーとする理由の一つかも知れませんね。


SAVE THE FUTURE NHK

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もっと もぐる〜ぅ!

ヒナ2羽は,親鳥の羽の下にもぐろうとしています。
特に左のヒナは,もう必死。なかなかもぐれません。

実は,親鳥はもう1個の卵を抱いているのです。
元気なヒナにちょっと困っているようです。
P1120245

右のヒナは,上手にもぐり込みました。
左のヒナは,頭隠して…状態ですが,一応の目的が達成したのか大人しくなりましたよ。
P1120246c


でも,やっぱりお尻がさむくなったのでしょうね。
可愛い足で,ヨイショ ヨイショが始まりました。
P1120248

ついに親鳥は,わんぱく坊主に降参。
ちょっと立ち上がった後,しっかり2羽のヒナを抱いてくれました。
ヨカッタ ヨカッタ

お尻ばっか写しちゃって失礼しました。


このように親鳥からすれば,3羽育てるのが限界のようですね。
一腹卵数(一度に続けて産む卵数)4個の巣が,極端に少ない理由の一つかも知れません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

霧の海岸線

6月2日

・大須賀海岸
P1120121


・葦毛崎展望台
P1120164


・種差海岸
P1120149


P1120146c


・神子沢?
P1120141

| | コメント (2) | トラックバック (0)

霧の蕪島

P1120115


P1120168


P1120116c

さむいよう〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小雨 ヒナたち どうしてる?

5月31日(土) 午後3時 小雨
 ちょっと寒かったので,引き返そうと思ったんですが…


雨やどり?
P1120066


怖がって草むらへ隠れちゃいました。
  「なんにもしないよ〜 出ておいで〜」
P1120067


だいぶ大きくなったのに,甘えんぼだな。
P1120070


屋根からの雨水でずぶ濡れ。
抱卵中は冷やされないので動けません。ガンバってよ!
P1120079


親の羽に水滴がいっぱい。ヒナをしっかり抱いています。
P1120084_2


穴ぐらの2羽のヒナ。雨の日はいいですね。ここは。
P1120087


いや〜 真ん中のヒナ ちっちゃい〜〜〜
寒そうだね。
留守中,お兄ちゃんたちが守ってるのかな?
P1120089

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »