« 秋ですねぇー | トップページ | 港は天国? »

八戸市・蟹沢の虫(2)

2008.09.02

・メスグロヒョウモンのメス(オスは前々回に紹介しました)
オスはほかのヒョウモン類と同じオレンジ色の豹柄ですが,メスは似ても似つかない色と模様をしています。
雌黒豹紋蝶と書いた方が分かりやすいですね。
P1230616c

・クロマルハナバチのオス
クロはメスのお尻1/4だけがイエローでその他は真っ黒だからです。
ネズミやモグラの穴に巣を作り,社会生活をしています。
ミツバチのオスは自分で餌をとる能力がないのですが,クロマルハナバチのオスははたらき者のようです。
トマトやピーマンなどの受粉用にはミツバチではなくマルハナバチが活躍しています。
大きさは20mm前後です。
P1230502c

・オニヤンマ
なかなかパトロールは終わらず諦めていたところ,やっと小枝に止まってくれました。
P1230768c

複眼は吸い込まれるようなエメラルドグリーンですね。
脚も太く,さすが日本最大の貫禄があります。
P1230807c

・スジボソヤマキチョウ(+ヒョウモン)
P1230663

・シータテハ
P1230700

 

P1230568

P1230654

・ジャノメチョウ
お尻出しているのは,アオスジコハナバチ?
P1230481

・ダイミョウセセリ
P1230594

・ベニシジミ
P1230736

・ハラアカヤドリハキリバチ
P1230757

・モンキチョウ
P1230829

|

« 秋ですねぇー | トップページ | 港は天国? »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八戸市・蟹沢の虫(2):

« 秋ですねぇー | トップページ | 港は天国? »